あの娘ぼくがブログ書いたらどんな顔するだろう

3歩進んでは2歩下がってしまう25歳ゲイのブログ

夜から朝に、ハイボールからホットコーヒーに。

「せぷてんばぁ。9月は胸にきますね、明日は会社を休みます。」そんな風に歌っていたのはクレイジーケンバンドの剣さんだっただろうか。夏から秋になったり、オフィスが六本木から赤坂に引っ越したり。季節も場所も変わっていく近頃。少しいい時間をすごした。

f:id:cosmic333:20160912205832j:plain

先日、友達に僕の担当WEBサービスの競合会社で働いているゲイの方(ここでは仮にTさんと呼ぶ)を紹介してもらった。Tさんと自分を含めて4人、仕事内容も近しくて「また飲もうよ」なんて盛り上がりつつその夜は解散。後日、Tさんから「また情報共有も兼ねて朝ごはん食べにいこうよ!」なんてメッセージが来ていた。お酒が大好きな僕に来る誘いは「飲みにいこうよ!」が多いので、「朝ごはん」は新しい。

お互い下心もなく話も合うので二つ返事で「是非行きましょう」と即レス。日曜8時。コーヒーのお代わりが無限にできる天井の高い広々としたカフェで待ち合わせをした。コーヒーをすすりながら、半分寝ぼけながらTさんに「なんで朝なんですか?」と質問したら「40過ぎたらもう夜遅くまで起きてられないんだよ。笑」という冗談めいた答えと「朝から人と合うとなんか得した気分にならない?」というふわっとした回答が返ってきた。


仕事関係の色々を情報交換し、10時も過ぎたところでTさんが「ちょっくら散歩しようよ」と一言。そんなこんなで渋谷から歩き歩く。話す話す。そこでTさんはいつも5時ごろに目が覚めて仕事をして、早朝にマラソンに繰り出し、そこからまた出社する、朝方ライフスタイルの教祖のような人だと判明。元気よすぎ。結局学芸大学辺りまで歩いてきて「ストリーマーズコーヒー」でもう一杯コーヒーを飲んだ。渋谷のストリーマーズと違って広くて良い感じ。

Tさんはもう長く付き合ってる人と一緒に住んでるらしい。生活サイクルが合わなくてすれ違いが多いと愚痴ってた。人と一緒に寝ると睡眠の質が下がるから別のベッドで寝ているらしいんだけど「それが原因じゃないですか?」なんて突っ込みを入れてしまった。そんな愚痴を言いながらもセックスは月に一度は必ずするとう徹底ぶり。自称、長く続いているのは「夜のコミュニケーションもしっかりとっている」からだそう。「夜のコミュニケーション」とか言っちゃう辺り本当におっさんぽいなあと笑いながらも、夜のコミュニケーションの大事さを再認識。

そんなくだらない話をして、家に帰ってきたのは12時過ぎ。いつもなら二日酔いで最悪な気分で起きる時間。他愛もない話をあーだこーだして、天気の良い中歩いて、美味いコーヒーのんで、いつもより満足感があったし気分がよかった。これぞTさんが仕事が忙しくてもストレスフリーでいられる秘訣なのかな。としみじみ考えこんでしまった。

8:00から12:30の4時間。朝ごはんとコーヒーと電車代で2000円。同じ時間でも20:00から00:30まで居酒屋にいき、タクシーで帰ると10000円。お酒を飲んでバカ騒ぎするのも楽しいし大好きだしやめられない。けど、たまには夜から朝に。ハイボールからホットコーヒーに時間と飲み物を変えてみるのもいいのかもしれない。


ノリマキ