あの娘ぼくがブログ書いたらどんな顔するだろう

3歩進んでは2歩下がってしまう25歳ゲイのブログ

ミツメ4thアルバム | A LONG DAYレビュー

大好きな東京インディーバンド「ミツメ」の最新アルバム「A LONG DAY」を購入。今回のアルバムでは今までのようなエコーやぼかしを多用した浮遊感のある音が減り、むしろ音数を減らし、意図的に音と音の間にスペースを空けるような作りになっていた。

f:id:cosmic333:20160615132635p:plain

元来不思議な浮遊感が生み出していたミツメの「グルーヴ」は音が減ったからといって失われるものではなかった。今作では音の間にたしかな「空間」が生まれ、そこに漂う「余韻」が確かな「グルーヴ」を生んでいた。絶妙に計算され、そして丁寧に形つくられた全10曲。どの曲も独特の言葉癖で日々の僕たちの感情を描き出している。「憧れ」「悔しさ」「虚しさ」「祈り」「焦り」様々な感情が渦巻き、考えてばかりいる。外は小雨が降っていてうっすら気持ちがもやもやする。そんな「とある長い1日」を描いたのが「A LONG DAY」なのかも。なんて想像しながら部屋で一人、アルバムを聴いている。

----------------
10月にA LONG DAYツアーが東京WWWでやるのでチケットを申し込んだ。この前もスカートもWWWだったし、最近はだぶだぶ祭。


ノリマキ