あの娘ぼくがブログ書いたらどんな顔するだろう

3歩進んでは2歩下がってしまう25歳ゲイのブログ

台湾映画「GF*BF」を見た感想

前回の記事でも紹介したイチ押しイケメンの
ジョセフ・チャン(張孝全)が主演
台湾青春映画の「GF*BF」をTUTAYAにてレンタルで鑑賞

f:id:cosmic333:20160106204947p:plain

台湾映画は「台北の朝、僕は恋をする」くらいしか見たことはないのだが
素朴で、どこか懐かしい雰囲気の作品が多い印象

GF*BF」では仲の良い主人公3人の
1980年代〜現在に至るまでの人生が描かれているのだが
やはり、全編を通して素朴でやわらかなタッチの画が心地よかった

ジョセフ・チャンは、親友である男の子(リディアン•ヴォーン
に密かに思いを寄せるゲイ役を繊細な目つきで好演していました

f:id:cosmic333:20160106204001j:plain f:id:cosmic333:20160106160359j:plain

歴史背景と共に物語が進行していき
戒厳令の下、言論の自由がなく学生運動が活発だった1980年代
カラフルで裾広のパンツ/シャツインが流行していた1990年代など
台湾の歴史を体感できるような流れになっていたのもよかった

もちろん、この映画でもジョセフ・チャンの魅力がすごいよ!
お花を積むジョセフや

f:id:cosmic333:20160106203844j:plain 
悩ましげな視線を送るジョセフなどが見れます

f:id:cosmic333:20160106204413j:plain

画像は載せてないですがこの映画でも割りと脱ぎキャラだったので必見です、最高です