読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの娘ぼくがブログ書いたらどんな顔するだろう

3歩進んでは2歩下がってしまう25歳ゲイのブログ

最近のボク

ブログ、書こう書こうと思ってなんだかんだ一週間経ってしまっていた。おそロシア。

f:id:cosmic333:20160328161547j:plain

復職してから一週間が経ち、社会人生活にも慣れてきた。いない間の出来事をまとめて教えてくれたり、飲み会を開いてくれたり、席まで遊びにきてくれたり。そんな周りの暖かい気遣いのお陰で休んでた期間が嘘だったかのようにスムーズに仕事ができている。先週はそんなこんなでいい気分になり、社会復帰に浮かれて飲み歩いた。水曜日は大学時代の同級性(ゲイ)が友達(ゲイ)を紹介してくれたので俺を含めて3人で飲んだ。ゲイコミュニティででグループ交際をしたことがなかったので新鮮だったなあ。紹介された子と出身高校が同じで、めったにしない高校時代の話なんてしたりして楽しかったなあ。浮かれて平日なのに終電までカラオケしちゃったりして、翌日二日酔いのまま会社に行くはめになって「ああ、こうゆうのが俺の日常だったな」なんて思いながら早速会社のトイレでゲロ吐いた。おかえり、俺。

日曜日は大学のゼミのOB会に参加。毎年、卒業式の後に在学生の卒業祝賀をかねてOBが集まるのだ。うちの学部はまだ新設で僕は二期生だった。それが今卒業するのは六期生だとか...時間は確実に流れている(おそロシア)。先輩ってだけで慕ってくれる後輩がかわいくてかわいくてしかたなくていっぱい飲んでしまった。「在学生の中ではノリマキ先輩が一番人気ですよ!」とかお世辞でも言ってくれる女の子がいて、抱きしめたくなった。俺、ストレートだったらキャバクラとか通いつめるタイプなんだって気づいた。最高。

復職直後は残業をしてはいけないというルールがあるので、時間に余裕がありだらだらしてしまっているのが少し残念。しかしこれを期にビジネス書を漁ってみようかと思う。大好きな趣味のカルチャー誌ならいくらでも読めるのにビジネス書や自己啓発系は大嫌いで避けてきた。インプットの量がアウトプットの質に比例するのはブログをはじめて実感している。ビジネスを生業にしている身でビジネス書から逃げていてはこの先首切られ候補社員になるのは目に見えている。そんなのはいやだ!と思いそろそろ向き合ってみます。幸い、アウトプットの場(このブログ)があるので、本を読んで理解したことを下手なりに書いてみます。とんでもねえな!って文章が出てくるかもしれませんが、みなさんお付き合いのほどをどうぞよろしくお願いいたします。
-----------------------
とかいいつつ今朝Perfumeが表紙の「装苑」買っちゃったし、今晩はこれ読むんだろうな。ちらっと見たけどアートディレクターのコメントも記載されていて、彼女たちのビジュアル面に込められた意味を解説してるみたいなので楽しみ。

https://www.instagram.com/p/BDe1t0uNkGN/

げっとん!

 

ノリマキ