あの娘ぼくがブログ書いたらどんな顔するだろう

3歩進んでは2歩下がってしまう25歳ゲイのブログ

沢木耕太郎の「流星ひとつ」

先日、部長から「宇多田ヒカルが好きなら、読んだほうがいいよ」と沢木耕太郎の「流星ひとつ」を貸してもらった。1979年、28歳で芸能界を去る決意をした、宇多田ヒカルの母でもある藤圭子。沢木耕太郎がそんな彼女にインタビューをした際のノンフィクション…

カラフル/本当の豊かさを教えてくれる森絵都のベストセラー

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 苦しいときにふと現れ、大切なことを教えてくれる「青春の一冊」。自分の一冊はなんだろうと考えたとき、森絵都の大ベストセラー「カラフル」が思い浮かんだ。

Perfumeというカルチャー | 装苑5月号感想

装苑の5月号でPerfumeが「Perfumeというカルチャー」という特集を組まれて取り上げられていた。あまりに表紙の出来がいいのと、特集内容にも興味があったので購入。巣晴らしかったのでブログでも内容を少しシェアしたい。 げっとん! ハイファッション系の雑…

あだち充とゲイの距離感

親父の看病して、履歴書書いたらなんだかもう良い時間だったからBookOffにいってあだち充の短編集を立ち読みしてきたよみゆきとラフは友人から借りて読破したので次はH2かなと思ったけどさすがに全34巻読破できるほど足腰に自信はなかったから短編集にした …